とってぃブログ

現役理系東大生による、圧倒的成長を遂げるためのブログ

体重増加プログラム④ 筋トレで太るために参考にしている本3冊を紹介しよう!

出勤前に鏡で身だしなみを確認するお医者さん

二週間で0.9kgの増量に成功し、ここ最近も順調に体重アップしています。

tottieblog.hatenablog.com

 

そこで、今回は、筋トレで太るために参考にしている本の3冊を紹介します。

ダイエット向けに書かれている本もあるので、ちょっと体を引き締めたいという方も参考にしてください!

 

①仕事でモテる男はなぜ、体を鍛えているのか?

 

仕事でモテる男はなぜ、体を鍛えているのか?

仕事でモテる男はなぜ、体を鍛えているのか?

 

仕事で毎日外食をする。
ついつい暴飲暴食をしてしまう。
忙しくて運動をする時間がない。
休みの日はなるべく体を休めたい。

そんなあなたの体を確実に変えるための
筋トレ&ダイエットの方程式を教えます!

 

 これは、ぼくが体重増加プログラムを始めたきっかけでもある本です。

体を鍛えるなんて面倒!くだらない!と思っている方もいるかもしれませんが、鍛えることのメリットから正しい筋トレ法まで紹介されています。

 

メリットを少し紹介すると

  • 憧れと信頼は筋トレで手に入る
  • 筋トレで風邪をひかなくなる
  • 筋トレで思考が整理される

など、たくさんあります。

これを読んであなたも筋トレを始めてみませんか?

 

②正しく効果的に鍛えるための筋トレの正解

 

正しく効果的に鍛えるための筋トレの正解

正しく効果的に鍛えるための筋トレの正解

 

あなたのトレーニング方法は、本当に正しいですか?
「怪我をしないこと」「もっとも効果的であること」筋トレの最低条件のこの2つを中心に人気の石井直方先生が「筋トレの極意」を解説。
5種目のトレーニングを各種目、三段階のレベルに設定。アレンジバージョンも紹介。個々の筋力に合わせて調整できます。
怪我なく効果的に鍛えられる本当に正しい筋トレを教えます! 

 

 

 

この本の特徴は、5種類のトレーニングが3段階のレベルに分かれて解説されていることです。

 

例えば腕立て伏せに関しても、 

  • EASY 膝をついて行う
  • NORMAL 普通の腕立て伏せ
  • HARD 片足を浮かせる

に分かれていて、それぞれ詳しく解説されています。他にも四種類ほど紹介されています。

 

筋トレは徐々に負荷を上げていかないといけないので、同じ筋トレばかりをしていても効果はありません。

どうやって、だんだん負荷を上げていくかを知るためには最適な本です。

 

③体を大きくする

 

カラダを大きくする

カラダを大きくする

 

もっと背を伸ばすには?もっと筋肉を大きくするには?もっと脂肪を減らすには?悩みを抱えるすべての人に贈る、カラダづくりの意外なヒント。日本で初めてプロテインを開発した著者が、長年のノウハウを生かし、簡単トレーニングと食事法を一挙公開。カラダは必ず変わる。 

 

今まで紹介した本はどれも、筋トレをして体を引き締めることを目的に書かれています。

というか、世の中に出ている筋トレ法の本のほとんどが、やせることを目的に書かれていて、僕の目的に合っていません。

 

この本は、唯一?と言っていいほど、筋トレ+食事で「体を大きくする」ことを目的に書かれています。

 

胃腸が弱い人へのアドバイスや、タンパク質の取り方など、筋トレで太りたい人には必須の本です。

 

まとめ:本を読んで正しい方法を学ぼう

「量より質だ!」とか「質より量だ!」

という論争もありますが、どちらも大事なのは言うまでもありません。

 

これらの本を読んで、太りたい人も、やせたい人も正しい方法を身につけましょう!