とってぃブログ

現役理系東大生による、圧倒的成長を遂げるためのブログ

あなたは必ず2回観る!? その理由は、映画「イニシエーション・ラブ」の驚きの仕掛けにあり!

ぎょえー(スマホで衝撃映像を見る男性)

 最後の5分、全てが覆る。あなたは必ず、2回観る。─実写化不可能といわれた小説が、 ついに映画化。『イニシエーション・ラブBlu-ray&DVD 12.2発売!

ということで、レンタル開始から2週間が経ちましたが、映画「イニシエーション・ラブ」を借りてきました!

僕は昔、原作を読んでいたのでトリックは分かっていました。
それでも映画を観たい理由があったのです。

「この本は絶対に映像化できない! 」そう思ったからです。

どう映像化しているのかドキドキしながら見ました。
映像化不可能と思われたところを、見事な手法でクリアしていてすごかった!
というのが素直な感想です。

映画「イニシエーション・ラブ」とは

この映画の原作は、「イニシエーション・ラブ乾くるみ 著)」です。
イニシエーション・ラブ (文春文庫)
 

 本の紹介にはこう書かれています。

僕がマユに出会ったのは、代打で呼ばれた合コンの席。やがて僕らは恋に落ちて…。甘美で、ときにほろ苦い青春のひとときを瑞々しい筆致で描いた青春小説―と思いきや、最後から二行目(絶対に先に読まないで!)で、本書は全く違った物語に変貌する。「必ず二回読みたくなる」と絶賛された傑作ミステリー。「BOOKデータベース」より

 

主演は前田敦子松田翔太。アイドルだった前田敦子のベッドシーンはあまり見たいものでは無かったですが、演技自体はよかったです。 

なぜ映像化不可能と言われていたのか

ここからはネタバレがあるのでご注意を。

そもそも、この本が映像化不可能と思われたのには理由があります。
この本のトリックは、「たっくん」と呼ばれている人が、実は二人いて、別人だったというところにあります。
映像化したら人が違うことは一目瞭然。この本の一番のトリックを殺してしまうのです。 

映像化を可能にした驚きの方法

この映画はあることを付け足すことによって映像化を可能にしたのです。

その驚きの方法は「ダイエット」

ある太った主人公が彼女にダイエットすることを宣言。そして時間は一気に一年後に。
そして主人公はただのデブから松田翔太に大変身するのです。

ここで、観客は、太った人が細くなったんだと思うのです。
でも実は別の人なんですね。

痩せただけでそんなに変わるか?と思うのは当然ですが、観客は話の流れから、違和感を感じずに物語の世界に入ってしまうのです。初めて観る人は気づかないんじゃないかな?。

 でも、2回は観ないよね?

この映画は「あなたは必ず2回観る」とありますが、本とは違って、映画ではネタばらしがこれまでかと思うくらいされていたので、2回も観る人は少ないと思います。
ですが、本を読んでいても、十分満足できるほどおもしろいので、まだ見てないよーって人はぜひ見てください!
本当にオススメです!