とってぃブログ

現役理系東大生による、圧倒的成長を遂げるためのブログ

80:20の法則知っていますか?全体の8割を生み出しているのはたった2割のものなんです

f:id:tottieblog:20151216165153p:plain

 80:20の法則って知っていますか?

最近僕が読む本にたびたび登場するので、ご紹介したいと思います。

そして、今日一日、この法則が当てはまるところはないかなー?と考えながら過ごしてみました。かなり多くのことが当てはまっていてびっくりしますよ。

80:20の法則とは?

パレートの法則(パレートのほうそく)は、イタリアの経済学者ヴィルフレド・パレートが発見した冪乗則。経済において、全体の数値の大部分は、全体を構成するうちの一部の要素が生み出しているという理論。80:20の法則、ばらつきの法則とも呼ばれる。

Wikipediaより引用

正式には「パレートの法則」というらしいです。

具体的にいうと、「イタリア国民全体の二割が、イタリア全体の八割の富を生み出している」というものです。

今日一日体験した、「全体の8割に貢献しているものは、全体の2割に過ぎない」という例を紹介していきましょう。

朝のニュース

ぼくは、朝食を食べながら、朝のニュースを見ていました。

でも、実際に「ニュース」として記憶に残っているのはほとんどありません。

今年の漢字が『安』だった」というものと、「羽生弓弦のインタビュー」くらいですかね。

最近のニュース番組が、バラエティよりになっているせいもありますが、実際にニュースとして記憶に残っているものは全体のほんの一部に過ぎないです。

大学の講義

大学の授業中に教室を見まわしてみると、あることに気が付きます。

みんな授業聞いてなくね?

全体的に授業をやっている感は出ていますが、それに貢献しているのは全体の2割くらいでしょう。

それでは、残りの人は何をやっているのでしょうか?

  1. スマホ
  2. 睡眠
  3. パソコン

3のパソコンに関しては何をやっているかはよくわかりません。意識高そうにMacbookを開いている人もいますね。

スーパーでお買いもの

今日もスーパーで買い物をしましたが、実際に見ているもの、買っているものってかなり限られています。皆さんも、毎日買い物に行っても気づきもしない商品、絶対に行かないコーナーってありませんか?

店の売り上げの8割を占めているものって、実は商品全体の2割くらいのものだったりするのかもしれません。

残りの8割は無駄なの?

近未来の幻想・東京渋谷スクランブル交差点

これだけを読むと、全体にほとんど貢献しない残りの8割のものって無駄なのかな?と思われるでしょう。でも、実際にはそんなに単純なはなしではないのです。

その理由を挙げてみると・・・

残りの8割が全く貢献していないわけではない

残りの8割だって全くむだではありません。身の回りにあって、ほとんど使っていないものだって、どうしても必要な時があるのです。全体に大きくは貢献しなくてもなくてはならない、そんなものだってたくさんあります。

残りの8割のおかげで、2割が生きてくる

これは本にいえる話ですね。筆者が本の中で言いたいことはとても限られています。章の終わりに、章のまとめがある場合は、そこに書いてあるところだけです。

それなら、まとめだけ読んで本文は読まなくていいのでしょうか。

それは違います。残りの部分は、主張に説得力を持たせたり、主張の具体例が書かれたりしているのです。残りの部分があるからこそ、主張は輝くのです。

 物事には緩急が必要

テレビ番組がずっとニュースだけを流していたら、見ている人は疲れてしまいます。5分間のアニメがあったり、じゃんけんをしたりしたりすることで、緊張を適度に緩めることができているのです。

まとめ:やっぱり2割の存在になりたいよね

残りの8割のものが無駄ではないとは思いますが、やっぱり社会の8割に貢献する2割の存在になりたいですね。

ということで、今後も頑張っていきましょう!