とってぃブログ

現役理系東大生による、圧倒的成長を遂げるためのブログ

1500円の本から15万円の利益を得る?「レバレッジ・リーディング」で効果的な読書法を学ぼう!

休日を読書で過ごす女性

 みなさんは、一か月に本をどのくらい読んでいますか?

ある調査によると、「全く本を読まない」という答えた大学生は全体の4割を超えるという結果もあります。僕は今まで、一度本を読みだしたら、他の本も読むようになるのですが、少し間が空くと全く読まなくなるということを、繰り返していました。

そこで、本を読む人にも、読まない人にもお勧めしたいのがこの本。

100倍の利益を稼ぎだす ビジネス書「多読」のすすめ レバレッジリーディング

 

レバレッジ・リーディング

レバレッジ・リーディング

 

 

レバレッジリーディングとは何か?どうして100倍の利益を稼ぎ出せるのか?など、この本を読んで考えたことと共にお送りします。

レバリッジ・リーディングとは

ダンベルで上腕二頭筋を鍛えるボディビルダー

レバレッジ」とは英語で「てこ」の意味があります。

「てこの原理」って小学生の時に習いましたよね?「支点・力点・作用点」を効果的に配置することにより、より少ない力で物を動かしたり、力を加えたりすることです。これを読書にも当てはめようよいうものがレバレッジリーディングなのです。

つまり、「レバレッジ・リーディング」とは「本を読んで、そこから得られるノウハウを実践し、何倍もの利益を生み出す」そんな読み方のことをいいます。

レバレッジ・リーディングって具体的にどうするの?

この本には、効果的な読書法だけが書いてあるのではありません。多読することのメリットや本の選び方、読書後のフォローの仕方なども書かれています。

つまり、あなたが本を読み始める前から読み終えた後のことまで本を生かすノウハウが細かく書かれています。

本の中で、主張されていることを簡単にまとめてみました。

  • 読書は投資活動
  • 多読することで情報の取捨選択ができるようになり、主体的な思考力が身に付く
  • 本の16パーセントをつかめばOK
  • 読みながら、重要だと思うところに印をつけページの角を折る
  • 自分の身に置き換えながら読む
  • 印をつけたところをメモして記録に残し、実際に使ってみる
  • メモを持ち歩いて繰り返し読む

僕はこの本を読んで、今まで本を読んでも読みっぱなしになっていたと痛感しました。本を読んでノウハウを学んでも、そのノウハウ自体を忘れてしまっては意味がありませんね。また、本をどのように読めば、自分の財産となるのかがはっきりしました。

レバレッジリーディングを最も簡単に表した本の一文を紹介します。

 本から得たノウハウをレバレッジメモにまとめ、繰り返し読んで条件反射的に行動できるようにし、どんどん実践で活用していくことです。 

 レバリッジ・リーディングをレバレッジ・リーディングしよう!

この本を読んで「こういう本の読み方があるんだー」と思っただけでは、全く意味がありません。

自己啓発書の読み方でも書きましたが、実際に実行しなければ意味がないのです。 

tottieblog.hatenablog.com

 

そこで、今回、この「レバレッジ・リーディング」という本を「レバレッジ・リーディング」してみました。

重要だと思ったところに印を付け、パソコンのメモに書き写し・・・

出来上がったレバレッジメモがこちら。

f:id:tottieblog:20151210170341p:plain

 本の中でも「本の16パーセントをつかめばOK」と書かれていましたが、実際に自分に重要だと思うところを抜き出してみると、案外少ないものですね。しばらくは、このメモを何度も読み返して自分に染み込ませていきたいと思います。

まとめ:1500円の本からどんな利益を生み出せるかは自分次第!

「本を読んでも無駄」「読書つまらない」などの声もありますが、結局本を生かすも殺すも自分次第です。本を生かしたい!という方には、この本を読んでレバレッジ・リーディングを実行してみてください。

実際に自分に置き換えてみると、今までの受動的な読み方では得られなかった、自分なりの考えやアイディアがわき出てきます。

ということでこれからは、多読をしよう!レバレッジリーディングをしよう!と自分に言い聞かせて終わりにしたいと思います。

具体的な目標としては、

この3つを徹底していきます。これからは書評が多くなるかもしれませんがよろしくお願いします。