とってぃブログ

現役理系東大生による、圧倒的成長を遂げるためのブログ

有名な大学生ブロガーは文系ばかり? その実態を調査して理由を考えてみた

オシャレなカフェで作業をするノマドワーカー

 

僕はブログを書き始めるようになってから、いろいろなブログを見るようになったのですが、そこであることに気がつきました。

それは

 

大学生ブロガーって文系ばかりじゃない?

 

ということ。

実際に僕が面白いと思ってブックマークしているブログは文系ばかりです。僕がブログを書くきっかけとなった記事を書いたブロガーさんも文系です。

ということで、今回は「本当に大学生ブロガーは文系ばかりなのか」「そうだとしたら、それはなぜか」ということをテーマにしていきたいと思います。

本当に大学生ブロガーは文系ばかりなのか?

まず注意してほしいことがあります。

それは「学生ブロガーが文系ばかりなのか」に関する統計があるわけではないということです。

「大学生ブログ ランキング」と検索して、調査しようと試みたのですが、すぐに挫折しました。プロフィールをみてもはっきり理系・文系がわからないのです。記事を細かく見ていけばわかるのかもしれませんが、僕にはその気力も時間もありません。

そこで今回は「大学生ブロガーは文系ばかり」ということを勝手に仮定して、話を進めていきたいと思います。

なぜ大学生ブロガーは文系ばかりなのか?

大学生ブロガーが文系ばかりなのかについて理由を考えてみたところ、次のようになりました。

  • 文系は理系よりも楽
  • 文系は情報を発信することが得意だし、将来的にも必要
  • 理系は研究者だから内向き

そこで、これらについて調べたり考えたりしたことを以下に書いていきます。

文系は楽?理系は大変?

実際に文系のカリキュラムが楽で、理系のカリキュラムが大変なのでしょうか?

東京大学の経済学部と工学部を比較してみました。すると、わかったのは・・・

経済学部の卒業要件は「88単位の取得」

工学部の卒業要件は 「84単位の取得」

 

あれ?工学部の方が少ない?

 

でも、実はここには大きなトリックがあったのです。

それは、経済学部は1コマに付き2単位が与えられるのに対し、工学部は1コマにつき1.5単位しか与えられないということです。つまり、コマ数に換算すると

経済学部・・・88÷2=44コマ

工学部・・・84÷1.5=56コマ

の違いが出ます。

これを見てくれて明らかなように、理系のほうが大変なのです。

だから、一般的に文系大学生のほうがゆとりある大学生活を送っているため、ブログを書く時間が十分にあるといえるのです。(文系でも忙しい学部もあったり、忙しい生活をしているひともいることは承知です。文系は楽・暇といいたいのではないですよ・・・)

文系は情報発信が得意?理系は苦手?

大学生ブログを見てみると、「マネタイズやマーケティングを実践したい」とか「ライティング技術を高めたい」という目的を持っている人が多いように感じます。

これは、どちらかというと文系の生業ですよね。

理系は将来、研究者や開発者になる人が多いので、そのような意識を持っている人が少ないのではないでしょうか。

でも、理系でもそれらの能力は必要なのです。研究者として自分をプロデュースしていく力、自分の研究結果をわかりやすく伝える力、自分の開発したものを売り出していく力は必ず求められます。

まとめ:理系ブロガーが少ない今がチャンス!

今回は勝手に「大学生ブロガーは文系のほうが多い」と決めつけて話を進めてしまいました。本当のところはどうなのかわかりません。

しかし、ブログを書くことで得られるメリットは理系でも変わりません。

理系ブロガーが少ない今だからこそ、セルフプロデュース力や情報発信力を鍛えて、すばらしい研究者になれるのではないでしょうか?また、理系ならではの考え方や興味もあるはずです。

理系のみなさん、理系ブロガーが少ない今がチャンスですよ!!!

 

理系ならではの記事はこちら!

 

tottieblog.hatenablog.com

 

 

tottieblog.hatenablog.com