とってぃブログ

現役理系東大生による、圧倒的成長を遂げるためのブログ

社会の歯車になりたくない、そこの君!歯車ほど美しい機械部品はないですよ!

 

仕事, 労働者, 男性, 顔, シルエット, 手, ギア, 歯車, 金融危機, 金融の世界, 利益

 

社会の歯車になりたくない

 

ってよく聞く言葉ですよね?

僕はそんな方に言いたいことがあります。

 

歯車になりたくないっていうなら、歯車について知ってから言えよ!!!

 

ということで、今回は歯車の魅力について書いていきたいと思います。

 

歯車とは?

「まぁ、そうだろうな」という感じの何とも言えない定義ですね。

 

世間の歯車のイメージ

「歯車の絵を描いてください」と言われたら、みなさんはどう描きますか?

多くの人はおそらく下のように書くのではないでしょうか?

f:id:tottieblog:20151207233920p:plain

 

ところが、これには大きな間違いがあるのです。

 

実際の歯車はどうなっているのか

実際の歯車はこうなっています。

 

ギア, 歯車, 伝送, アンティーク, ステンレス, 鋼, 木, 木材刻み

 

 注目してほしいのはここ

 

f:id:tottieblog:20151207234628p:plain

 

みなさんの想像した歯車の何が間違ってるって?

 

それは、みなさんが想像した歯車の歯はおそらく直線だということです。

「このカーブがいったいどうしたんだ!」

と思った方もいるでしょう。

これはただ適当に削られたカーブではないのです。実はこのカーブに実はすごい秘密が隠されているんです。

カーブの正体はインボリュート曲線

インボリュート曲線なんて聞いたことない」という方も多いと思います。

僕は大学の授業で聞いて、「高校数学にそういえば出てきたなぁ」くらいの感じでした。

インボリュート曲線というのは、円にひもを巻いて、引っ張りながらゆっくり取っていったときにひもの先端が描く奇跡のことを言います。

wikipediaより引用

 

数式にすると、こんな感じになります。

x=a(cosθ+θsinθ)

y=a(sinθ-θcosθ)

数学Ⅲの微分積分を習った方なら、増減表を書いて、軌跡の概形を書けると思いますが、今はそんなことはどうでもいいです。

わかってほしいのは、歯車の歯は適当に削られているのではなく、数学的に美しい曲線であるということです。

なぜインボリュート曲線になっているのか、ということに疑問を持たれた方もいるでしょう。簡単にいうと、歯車どうしがスムーズに噛み合うということですが、これ以上専門的な話は今回の記事の目的に反するので省略させていただきます。

歯車について知りたい方は「歯車」と検索すればいろいろわかりますよ。

まとめ:歯車は美しい

 

歯車は美しい

 

これが今回の結論です。

今まで社会の歯車にはなりたくないと思っていた方、歯車の美しさを理解していただけたでしょうか。

歯車になりたくなった方は、是非ツイートやはてなスターをお願いします。