とってぃブログ

現役理系東大生による、圧倒的成長を遂げるためのブログ

味噌汁煮込みうどん?~超時短・創作料理を作ってみたら意外とおいしかった話~

不味そうな素うどんをすくう素うどん面(ヅラ)のビジネスマン

 

今回僕が作ったのは、味噌煮込みうどんではありません。

 

味噌汁煮込みうどん

 

です。

「昼ごはん何食べようかな?」と思っていた昼時、ちょっと多めに作ってしまった味噌汁が目に入りました。

そうだ、味噌汁煮込みうどんを作ろう!

ただ、味噌汁にうどんを突っ込むだけでは能がないと思い、昆布つゆを50ml味噌汁に追加し、冷凍うどんを一分間煮込むと完成!

 

出来上がったものがこちら

 

f:id:tottieblog:20151202153323j:plain

 

何とも微妙な見た目・・・。

決して人に出せるものではありません。

味噌汁の具が問題なことは明白。人参とかを入れて少しでも色を足せばおいしく見えるのかな?

でも味には関係ない!食べてみよう・・・

 

いける、いけるぞーーーー

 

見た目とは裏腹に、そこそこおいしい。昔、名古屋で食べた味噌煮込みうどんをおもいださせる味。

たった一分で作ったランチとは思えない、満足のいく味が口中に広がりました。

ちなみに、味噌煮込みうどんとは

味噌煮込みうどん(みそにこみうどん)は、うどんの料理であり、味噌仕立ての煮込んだ日本料理。主に土鍋を用いて煮込まれることが多く、鍋焼きうどんの一種であるとも言える。

味噌仕立ての煮込みうどんは、地域の代表的な郷土料理としている愛知県をはじめとして日本各地にある。それらは各地域ごとに造られている地の味噌を用いる場合がほとんどであるが、豆味噌仕立ての愛知県のものが有名であるために、その他の地の味噌を用いるものは田舎煮込みうどん田舎風味噌煮込みうどん等と称して提供する店もある。また、うどん状のものを同様に味噌仕立ての汁で煮込むものとして、同じ愛知県の「味噌煮込みきしめん」や山梨県の「ほうとう」があるが、これらは味噌煮込みうどんとは明確に区別されている。   ウィキペディアより引用)

 

創作料理って楽しい!!!

僕は普段、レシピ本を見たり、クックパッドを見て料理をすることが多いです。レシピを見て作れば確かに失敗はしないし、おいしいものが出来上がります。

でも、時々レシピを見ずに、味見をしながら適当に味付けをすることもあります。

今回僕が作った味噌汁煮込みうどんは、創作料理といって怒られるかもしれません。

ですが、創作料理というか、レシピを見ずに作る料理は楽しいものです。これを入れるとどんな味になるかな?と実験をしている気持ちになります。

しかも、ただレシピを見て作るよりも、料理に関する知識が増えます。「料理酒を入れると味がこう変わるのか」とか、「砂糖は入れすぎると本当に甘くなってまずい」とか、レシピを見て料理をするだけでは気づかない多くのことに気がづきます。

これからも創作料理で料理の腕を上げていきます!

以前料理に関して書いた記事もよかったら読んで下さい。

 

tottieblog.hatenablog.com

 

 

 

東大生ブログランキング